--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年09月01日

チーム規約

豊上ジュニアーズ チーム規約

(目 的)

第1条 豊上ジュニアーズ(以下「当チーム」という。)は、学童野球を通じて、学童の心身の健康と野球技術の向上を図り、中学・高校で野球を続けられる選手の育成を行うことを目的とするボランティア団体(任意団体)である。

(目 標)

第2条 当チームは、常に県大会以上の上位大会に出場し、結果を出すことを目標として活動を行うものとする。

(加盟団体)

第3条 当チームは、柏市少年野球連盟および柏市南部少年野球連盟に加盟し、その他の団体等に加盟する場合は、第5条第2号に定めるチームスタッフの協議による。 

(選手資格)

第4条 当チームに入部する資格は、原則としてスポーツ安全協会の傷害保険に加入できる柏市および近隣に在住する小学生であって、かつ、当チームの活動趣旨および本規約に賛同する保護者の同意が得られた児童とする。ただし、第5条第2号に定めるチームスタッフおよび父母会長の承諾がえられる場合は、小学生未満の児童も入部することができる。

2   第13条第1号で定める「6年生を送る会」を終了したとき、当チームの選手資格を失うこととする。また、特段の理由なく、第14条2号に定める活動費を1年以上滞納した場合も除籍とし、選手資格を失うこととする。

(組 織)

第5条 当チームは、次の各号に定める選手、チームスタッフ、父母会で構成する。

(1)選手は、第4条で規定する資格を備えて当チームに入部した児童である。

(2)チームスタッフは、代表、第9条に定める各チームの監督、背番号コーチ(29、28)および無番コーチ、審判員、スコアラー、その他の選手指導者とする。また、代表始め各チームスタッフはそれぞれ兼務することができる。なお、必要に応じて総監督、顧問等の特別スタッフを置くことができる。

(3)前号に定める監督(第9条4号および5号を除く。)については、当該チームに三親等内の親族の選手が所属する場合は、原則として就任することができない。

(4)父母会は、選手(元選手を含む)の保護者による父母会員で構成し、父母会長および会計を選任する。なお、父母会長は監督と兼務することができない。また、父母会は別途父母会規約を定めることができる。

(選 任)

第6条 前条第2号または第3号に定める代表、監督、背番号コーチ、父母会長および会計の選任については、次の各号のとおりとする。

(1)代表、監督、背番号コーチは、現在のチームスタッフの合議により指名し、本人の了解が得られた場合、総会の承認をもって選任する。

(2)父母会長および会計は、立候補または父母会の互選により指名し、本人の了解が得られた場合、総会の承認をもって選任する。

(任 務)

第7条 第5条第2号または第3号に定める代表、監督、背番号コーチ、父母会長および会計の任務については、次の各号のとおりとする。

(1)代表は、加盟団体との窓口になるとともに、チームを代表して意見を表明し、関係団体との調整を行う。また、総会を招集し議長を務める。なお、総会に出席できないときは、他のチームスタッフに議長を委任することができる。

(2)監督は、コーチ(無番含む)とともに選手を指導するとともに、指導方針および試合運営における専権を持ち、チーム活動の最終判断を行う。したがって責任と自覚をもって任務にあたる。

(3)背番号コーチは監督を補佐し、選手を指導するとともに、チーム目標達成のため意見具申を行う。また、監督不在のときは監督代行を務める。

(4)父母会長は、チームスタッフと父母会員の間のコミュニケーションを図り、健全なチーム運営を支える。

(5)会計は活動費を徴収し、チーム活動に必要な支出を管理するとともに、総会において会計報告を行う。

(任 期)

第8条 第5条第2号または第3号に定める代表、監督、背番号コーチ、父母会長および会計の任期は、定期総会から次年度定期総会までの1年間(以下「活動年度」という。)とする。なお、再任を妨げない。

(チーム構成)

第9条 当チームは、選手の学年構成および人数等状況に応じて、チームスタッフの協議により、活動年度毎に次の各号に掲げるチーム(複数も可)を編成し、各種大会への参加や練習試合等を行うものとする。

(1)代表チーム:柏市少年野球連盟主催のフリー大会および上位大会に参加するチームで、原則として秋季大会が終了した時点で、6年生チームに移行する。

(2)5年生以下チーム:柏市少年野球連盟主催の関東学童秋季(日ハム旗)柏市予選および上位大会が終了した時点で、代表チームに移行する。

(3)低学年チーム:柏市少年野球連盟の低学年(4年生以下)大会に参加するチームで、原則として秋季大会が終了した時点で、高学年チームに移行する。

(4)3年生以下チーム:3年生以下の選手が揃っており、かつチームスタッフに不足がない場合に、低学年チームへのステップアップとして編成する。

(5)6年生チーム:中学野球への橋渡しとして開催される6年生卒業大会への参加を目的として、単独もしくは他のチームと合同で編成し、第13条第1号に定める「6年生を送る会」をもって解散する。

(活動年度および活動内容)

第10条 当チームは今年度の定期総会から次年度の定期総会までを「1活動年度」とし、チームスタッフの判断において、次の各号に掲げる各種大会や練習試合および柏市少年野球連盟の加盟団体が主催または共催・協賛する地域活動等に参加する。

(1)柏市少年野球連盟および千葉県少年野球連盟・野球協会が主催する大会ならびにその上位大会

(2)南部少年野球連盟またはその他の団体が主催する地域大会

(3)上記に準じる大会およびチーム強化のための練習試合または地域活動等

(総会および付議事項)

第11条 当チームは原則として毎年11月もしくは12月に代表の招集により定期総会を開催し、次の各号に掲げる事項を付議するものとする。定期総会は出席者数に拘らず成立し、第5条に定める組織構成員が特段の意見がなく欠席した場合は、付議事項について議長一任とし、異議なきものとみなす。また、付議事項は総会出席者の過半数で承認される。なお、平成24年4月22日開催の保護者会を、第1回定期総会とみなすこととする。

(1)新年度の各チームのスタッフ、父母会長、会計の選任

(2)会計報告

(3)本規約および付帯規定の改正または制定

(4)来年度の活動方針および予定(参加予定大会等)

(5)その他、チーム活動に重要な事項

2    また、特段の必要があると認められるときは、代表、監督または父母会長の召集により、第5条の組織構成員(ただし、選手1名につき保護者1名で計算する)過半数の出席もしくは委任により臨時総会を開催することができ、その過半数の承認により、定期総会と同様の事項を付議することができる。

(保険加入および事故への対応)

第12条 当チームの選手は、必ずスポーツ安全協会の傷害保険に加入しなければならない。また、チームスタッフも原則として同様とする。なお、チーム活動中、選手やチームスタッフに事故があった場合は、全て自己責任(当チームは一切責任を負わない)とし、保障は加入保険の範囲内とする。

2    チーム活動により、第5条の組織構成員以外の者に対し事故が起こった場合は、チームスタッフや父母会長等による「緊急対策会議」を開き、問題の円滑な解決に向けた協議を行うこととする。

(行事)

第13条 父母会は、チーム構成員相互の親睦とコミュニケーションを図るため、次の各号に掲げる行事を主催もしくはチームスタッフと共催する。なお、第2号以下については、必要に応じて開催するものとする。

(1)6年生を送る会(3月)

(2)合宿(原則として7月または8月)

(3)クリスマス会または納会もしくは忘年会(12月)
  (4)親子大会(任意)

(5)その他バーべキューなどのレクリエーション(任意)

(活動費および会計報告)

第14条 会計は次の各号に定める活動費を徴収し、チーム活動に必要な経費を支出するとともに会計年度毎に決算し、定期総会において会計報告を行う。なお、会計年度は原則として第10条に定める活動年度とする。

(1)選手のチーム入会金2,000円(入部時徴収)

(2)選手の活動費月謝2.000円および合宿積立金1,000円(3ヶ月毎徴収)

(3)合宿参加費(参加申込時に必要額を徴収)

  (4)選手のスポーツ安全協会の年次傷害保険料

  (5)豊上専用グランドの整備費

2   その他臨時に多額の費用を徴収する場合もしくは入会金や活動費を改定する場合は、定期総会または臨時総会の承認を要する。

3   チーム合宿または県大会以上の大会、その他これらに準じる行事等に参加するため、宿泊を要する場合に、前各項で徴収した活動費等の中から、一定額を5条に定める選手やチームスタッフ等の費用として支出することができる。この場合、支出する対象範囲もしくは負担金額等について、その都度、代表、監督、父母会長及び会計の協議により定めることとする。 また、加盟団体または交流団体(チーム含む)から、寄付等の要請があった場合なども同様とする。本項に基づく支出については、必ず定期総会において会計報告を行う。

(慶弔規定)

第15条 第5条に定める組織構成員(元構成員を含む。)について冠婚葬祭等があり、チームスタッフおよび父母会長の協議により、特に必要と認められる場合は、活動費からの拠出による慶弔費を支出することができる。この場合、会計は定期総会に必ず報告しなければならない。なお、慶弔費の金額は、地域の慣習等を基準とする。


(その他)

第16条 本規定および付帯規定に定めがない事項で総会の承認を要するものでないと判断されるときは、チームスタッフおよび父母会長の協議により決定する。なお、チーム活動における所轄法は日本法とする。

       附  則

(施行期日および遡及適用)

第1条 この規約は、平成24年4月22日から施行し、同年4月1日現在の当チームに遡及適用する。

(選手心得)

第2条 当チームに入部する選手は次の選手心得を守り、豊上ジュニアーズの一員として恥ずかしくない行動を取ることとする。

① 誰に対しても元気に挨拶をします。

② 野球道具を大切にし、整理整頓をします。

③ 野球ができることに感謝し、目標を掲げ日々努力します。

④ 試合では、諦めることなくチームプレー、最後まで全力疾走で臨みます。

⑤ チームメイトと仲良く、仲間を大事にします。

       附  則
この改正規定は平成28年11月20日から施行する。



以上


 

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://toyogami.blog110.fc2.com/tb.php/273-ac123355
【28年度戦績】

豊上ジュニアーズ

Author:豊上ジュニアーズ
全日本学童全国大会〔ベスト16〕
全日本学童千葉県大会〔優勝〕
ろうきん旗千葉県大会〔準優勝〕
マリーンズ後援会旗 〔準優勝〕
全日本学童柏市予選 〔優勝〕
柏市少年野球春季大会〔優勝〕
柏市少年野球夏季大会〔優勝〕
柏市少年野球秋季大会〔優勝〕
柏市南部夏季大会  〔優勝〕
スターリーグ☆6  〔優勝〕
流山北部大会    〔優勝〕
豊四季台大会    〔準優勝〕
低学年流山東部大会 〔優勝〕
柏市低学年夏季大会 〔準優勝〕
豊四季台大会低学年大会〔優勝〕
3年ルーキートーナメント〔優勝〕

リンク
お気に入り
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。